アメリカ中西部での生活、仕事、英語、スポーツ、文化に関する草の根評論
世界各地の大気の状況------アメリカのルイビルと中国広州のPM2.5
中国では大気汚染が深刻な問題になっているようです。それにつれて、日本でも影響を受けて心配されているようですね。中国ではPM2.5が100を超えて150や200、ひどいところは500近くになるところもあるようです。日本も地方によってはその影響で、基準値の35を超えて問題になっている日が多いようです。

それに関連して、わが居住区のルイビル地方のPM2.5の状況や如何に?

日常ニュース等でこれが話題になる事はなく、殆ど知られていません。そこでネット検索をしたら、ある大学が測定をして発表していました。

ここ数日のPM2.5の数値は、10台中盤から20台中盤でした。

http://horatio2.spd.louisville.edu/pm25/fcst/pm25_ncst_sdf.html

photo.jpg
(PM2.5の値が20前後のルイビルの秋の空)

Sky1.jpg
(同時期の中国広州の模様。PM2.5の値は165)



ルイビルのPM2.5

先日、本発表のPM2.5は22でしたが、たまたまその日に撮った当方勤務のルイビルの工場からの写真があります。冒頭の写真です。

きれいな青空ですが、右の方に白煙が写っています。これは、近くにある石炭火力の発電所です。この地区は、驚くべき事に電力の発電はまだ石炭火力が中心で90%近くの割合を占めています。この近くにも、写真の発電所の他に2つ発電所があります。

それでも粉塵処理等の公害防止処理をしているのか、写真のような青空が広がり、PM2.5の値も20前後となっています。

こんなきれいな空を持つルイビル地方ですが、現在の判定はGoodの緑ではなく、黄色のModerateです。加えて、ある時期になると気象条件等とも重なって、大気状況が悪くなるのか年に一度か二度、これに警鐘を鳴らす特集が新聞等で組まれます。確かに時期によっては、火力発電所の石炭燃焼ののにおいがかすかにしてきます。

同時期の中国の状況

企業もグローバルな時代を迎えると、世界各地の状況が瞬時に入手できます。たまたま同時期に、当方の会社でこの話題になり、中国の工場(広州)の方から彼の地のPM2.5の状況を入手できました。

同時期の、工場のある広州(佛山)は165で、現地の判定は軽度汚染だという事です。こちらでは、このレベルですとレッドゾーンのVery unhealthyですが...その他中国では、北京183、ハルピンでは1,000近くだそうです(中国の基準は75。これもこちらアメリカではunhealthyのゾーンになります)。

因みに同時期の日本の親会社の地方(静岡県)では、PM2.5の値は17(日本の基準は35)ですので、ルイビルと同じレベルの様です。

写真は、中国の工場の方が送っていただいた居住区周辺の様子です。これは別に曇っているわけでも雨が降っているわけでもなく、この高レベルのPM2.5の影響だという事です。

その昔中国の秋は、広大な大陸を背景に広く高く青い秋の空があこがれでしたが、今では様変わりの様です。



アメリカではかなり景気が回復して、仕事も忙しくなってきています。長期的にも人口は適度に増加して活力のある社会になるようです。そうなると、産業活動に伴う大気汚染が心配になってきますが、なんとか我々の世代のレベルを、次世代にもバトンタッチをしたいものです。それと同時に、中国の方も早く改善して、昔の青空を取り戻して頂きたいものです。





スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
急な出張で、中国へ初めて行くチャンスをいただきました!が、締め切った建物の中でもスモッグのニオイがしました。
たった2泊の滞在でしたが、それでも、現地の人からすれば「この程度では、それほどひどくはない」ということでしたが…

私が小さい頃、川崎や羽田あたりの公害もすごくひどかったことを思い出しました。
そして、いくら、他の国が「悪い見本」を見せてきたことでも、自国が成熟していくまで、環境にまで目が行きにくいものなんだなあ、と、考えこんでしまいました。
青空をバックにつらなる山々、清浄な霧や水、そしてどこまでも見渡せる万里の長城が早く戻ってくるといいなあと思いました!
2013/12/04(水) 08:03:08 | URL | うろこ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
日本でも1960年、1970年代ではある意味空気が淀んでいるのが、発展の印で誇らしくもありましたが...現在の中国の人達はそんな誇らしさもあるのかもしれませんね。

我々の世代は、中国といえば広大な大陸に高い空、澄んだ空気というのがあこがれでしたが、早くそれを取り戻してもらいものですね
2013/12/06(金) 13:30:09 | URL | indianaky/いちろう #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック