アメリカ中西部での生活、仕事、英語、スポーツ、文化に関する草の根評論
還暦ランナーの健康談義--------最近の健康チェック結果と履歴
健康保険未整備大国アメリカでは、日本のようなキメの細かい健康診断制度はありません。国民皆保険というものはありませんので(オバマケアでも何らかの意思で保険会社に加入が必要)当方の属する保険会社も保険金低減の為に、血液検査による簡単な検診、チェック制度を設けているのみです。

それすらも貴重な制度のアメリカ。健康に不安の出てくる年齢の当方としては、この制度を生かしてチェックを受けてきました。

なんとか健康維持ということで走り続け(好きで走っている事もあるんですが)、且つ最近は食生活改善で、朝野菜をミキサーにかけたグリーンジュースを摂取している当方。その効果や如何に?という事でまとめてみました。各検診項目別にご覧下さい。

総体に言うと、ランニングとグリーンジュースの効果はまずまずかと思われます。

photo Green Juice
(これも健康の源泉と固く信じて...)



血圧 : 126/82(正常 130/85以下)

いろいろ変遷はありましたが、現在なんとか正常値の範囲に治まっています。

元々、高血圧体質遺伝の家系だったからか、40歳過ぎから血圧(とコレステロール値)は高めでした。50歳以前の頃には、135/85を越える頃もありました(注)

(注)血圧は肉体的な環境のみならず、精神的な環境によっても左右されるので一喜一憂は慎まなければなりませんが...

この時、血圧の暫高がこちらアメリカのホームドクターに見つかりました。アメリカは食生活の特徴で、血圧問題は心臓関連疾病に比べるとマイナーな問題となっています。マイナーなだけに症例も少ないのか、当該ドクターは少し慌てて血圧(コレステロール含む)の薬を奨励。医者は、特に薬大国アメリカの医者は製薬会社と結託しているのか、それはそれは強い調子で薬を奨励。こちらも不安になって薬を服用するようになりました。

薬服用後、50歳代半ばの頃は120台/70台で落ち着いてきました。それと同時に50歳代後半はランニングを再開したこともあり、思い切って薬の服用をやめました(これは独断ですので、軽々にはお勧め出来ませんが)。

その後、薬なしの影響で少しアップした事もありましたが、ランニングと食生活の改善(朝食グリーンジュース)で、今回126/82と薬なしでもなんとか正常値内に治まって来ました。

これを時系列的にまとめると、

50歳前---------135/85
50歳代半ば-----薬服用開始
50歳代半ば-----120/70
50歳代後半-----薬服用中止、ランニング再開
50歳代後半-----112/72
60歳代初め-----朝食グリーンジュース
現在------------126/82

総コレステロール :200mg/dL(正常200mg/dL未満)

症状、薬の服用の履歴は血圧の項と殆ど同じで、これも(“以下”と“未満”の微差はさておき)薬なしで正常値の範囲にほぼ届くようになりました。

これを時系列的にあげると、

50歳前---------252mg/dL
50歳代半ば-----薬服用開始
50歳代半ば-----146mg/dL
50歳代後半-----薬服用中止、ランニング再開
50歳代後半-----233mg/dl
60歳代初め-----朝食グリーンジュース
現在------------200mg/dL

健康問題は、直接の因果関係を特定するのは難しいし速断は危険ですが、朝食グリーンジュースの効果は、こちらのコレステロールの方に現れているようですね。

LDL(悪玉コレステロール) : 110mg/dL(境界領域:100 ~ 129mg/dL)

これは、“正常”には少し届きませんが、“境界領域”には入ってくるようになりました。

50歳前---------171mg/dL
50歳代半ば-----薬服用開始
50歳代半ば-----79mg/dL
50歳代後半-----薬服用中止、ランニング再開
50歳代後半-----147mg/dl
60歳代初め-----朝食グリーンジュース
現在------------110mg/dL

HDL(善玉コレステロール) : 81mg/dL(推奨:60mg/dL以上)

こちらの方は、長らく薬服用しても推奨値にも届きませんでしたが、今回推奨値に届きました。朝食グリーンジュースの効果があったのでしょうか。

50歳前---------55.5mg/dL
50歳代半ば-----薬服用開始
50歳代半ば-----51mg/dL
50歳代後半-----薬服用中止、ランニング再開
50歳代後半-----57mg/dl
60歳代初め-----朝食グリーンジュース
現在------------81mg/dL

中性脂肪 : 45mg/dL(参考値:150mg/dL以下)

日本でも貫禄が無い、ましてやアメリカでは全くの“押しの効かない”細身の当方は、この数値は全くの心配外の項目でした。

今回ある文献を見ていたら、これには下限もあり、参考値:80 ~ 150mg/dLとありました。うむむ、そうすると当方は下限値も大幅に下回った、困った事になるのでしょうか?

50歳前---------126mg/dL
50歳代半ば-----93mg/dL
50歳代後半-----ランニング再開
50歳代後半-----94mg/dl
60歳代初め-----朝食グリーンジュース
現在------------45mg/dL

血糖値 : 81mg/dL(健常者:55 ~ 99mg/dL)

これは、アルコールも澱粉質も甘い物も、全てこの血糖に転化されるからか、年をとってとアブナイ領域が続いていましたが、ここに来てなんとか正常値に入ってきました。これもランニングと食生活改善の効果でしょうか?

50歳前---------98mg/dL
50歳代半ば-----108mg/dL
50歳代後半-----ランニング再開
50歳代後半-----93mg/dl
60歳代初め-----朝食グリーンジュース
現在------------81mg/dL



アメリカの簡単な健康診断では、日本のようにガンの検診や心臓疾患の検診は、(通常では)望むべくもありません。完全網羅のチェック体制ではありませんので、今回の数値が良くても将来の疾病完全予防は保証されませんが、なんとかこの数値をランニングと食生活で維持していきたいと思います。






スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
お見事(^^)/
私の周りでも、ランニングをされている方は、
朝のグリーンジュースが習慣になっている方、多いです♪
私も走る日は、ほうれん草とかケールとリンゴのジュースです♪

>アメリカでは全くの“押しの効かない”細身
こればかりは、本当に、
元の体のつくりから違いますよね…(汗)
でも、貫禄よりも健康が一番ですね!←と、自分に言い聞かせる(さらに私の場合は身長もないので、「貫禄」とは無縁なのでした…)
2014/01/26(日) 11:27:38 | URL | うろこ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
うろこさん、コメントありがとうございます。

> 私も走る日は、ほうれん草とかケールとリンゴのジュースです♪

当方もケールという野菜は、このジュースで覚えました。やや癖のある味。このジュース以外に調理法はあるんですかね?

ともあれ、このジュースとランニングが健康の源と信じてやっています。
2014/01/26(日) 12:50:46 | URL | indianaky/いちろう #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック