アメリカ中西部での生活、仕事、英語、スポーツ、文化に関する草の根評論
“「最もまずいハンバーガー」の烙印を押されたマック”-------サンプル数 N=1の観測結果
日本では、外食産業の雄マクドナルドが、中国の食肉偽装で揺れています。食料自給体制の整ったアメリカのマックでは、この影響は無いようです.

マックでは、この事件の前のニュースの方が影響は深刻なようです。表題の「まずいハンバーガー」の烙印です。「深刻なようです」と、何か冷めた感じで書いているのは、こちらで生活している当方にとっても同意できる内容だからです。


マックのハンバーガーはおいしくない?

あまり外食をしない当方ですが、それでも月に一回女房と昼食にファーストフードに食べに行ったり、日本からの出張者があると、連日昼食に連れて行ったりします。

そんな時には(ファーストフードレストランを選ぶ時には)、まず第一にバーガーキングにします。ここのハンバーガーは、マックのに較べて値段は少し高いですが大振りでジューシーで、おいしいです。アメリカに数回来た人でこちらのファーストフード事情が分かってきた人は、まずこちらのバーガーキングを第一に選びます。

マックのハンバーガーは値段は他のファーストフード店より安いですが、やや小ぶりで肉のパテーもパサパサしておりあまりおいしいと感じません。

値段や調理法が限定されているメガファーストフードチェーン店では、一般のレストランやミニハンバーガーチェーン店に較べると、劣勢に立たされるのは否めません(この紹介文中に出てくるハビットバーガーグリルも中西部では殆ど見かけませんので、ミニチェーン店に位置づけられると思います)。しかし、他のWendyやArby等を加えたそのメガファーストフードチェーン店内の比較でも、マックのハンバーガーがおいしいと思った事はありません。

なぜマックは売り上げランク1位なのか

それでもマックは利用者というか、売り上げランク1位との事。この原因は?

まず、言い尽くされている事ですが、どこの地域にでも展開しており食べたいと思う所にマックがあるからという事の様です。

アメリカは車社会で、高速道路網が発達しています。その高速道路を利用して人々はビジネスや私用で移動しますが、食事時にたまたま辺鄙な地域になってもそこには必ずマックの店があります。「しょうがないマックで何か食べるか」となります。これはチェーン展開力の差で、他のメガチェーンでは出来ない芸当のようです。

又、最近はこれも資本力の差か、内装改善に力を入れておりずいぶん快適に過ごせるようになっています。メガチェーン店の中では、WIFI環境も真っ先に整備していました。最近は他も追随してきましたが、一昨年辺りは当方もわざわざマックに立ち寄り、WIFIを利用したものでした。

又、商品展開も旺盛で、コーヒーもおいしくなっています(なんでハンバーガーがおいしくならないのか分かりませんが)。現在でも当方は、コーヒーを買って時間をつぶすという、いわゆる喫茶店代わりにはたまに利用しています。

日本ではありえないかもしれませんが、肉食の本場アメリカ。こちらでは一般のレストランのみならずステーキレストランにもハンバーガーがあります。先日もステーキレストランでハンバーガーを頂きましたが、それはそれは、材料、調理法、味付け、トッピングに腕を奮える所、おいしいものでした。




その基準で味覚評価が行われるのですからマックも大変です。しかし、それにしても何とかならないか、マックのハンバーガー。





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
まったくもって、アメリカのマックって、本当にまずいですよね(日本ではそれほど酷い記憶はないんですが)。
まったく、牛肉大国であそこまで味が悪いのは逆に芸術的だったりして…
マックは「便利さ」だけに主眼を置いているから、と言う人もいますが、それは他のファストフードでも同じですしね。

超辺鄙な米両サモアにもマックは確かにありまして(2つも!しかも繁盛)、文明圏から来た人、米軍兵、陸地が久しぶりの船乗りには「うう、久しぶりの、見慣れた食事だ」という存在のようです。
私も滅多に外食はしませんが、町中を移動中、どうしても時間のない時はバーガーキング派です^^
2014/08/05(火) 16:55:31 | URL | うろこ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
うろこさん、N=2になっても(調査対象サンプル数がふえても)同じ意見ですね。当方の周りも同じ意見が多いようです。

家庭の肉料理、ピクニックでのグリル、それからステーキハウスと、肉の文化旺盛なアメリカにしては、マックのバーガーは芸がないですよね。
2014/08/06(水) 12:10:55 | URL | indianaky /いちろう #-[ 編集]
こんにちは
はじめまして!あるブログを拝見していたら、このブログに出会いました。私もブログを開設しています。「鬼藤千春の小説」で検索できます。一度訪問してみて下さい。
2014/08/22(金) 17:01:43 | URL | 鬼藤千春の小説 #g.qUwJtQ[ 編集]
有り難うございます。
「鬼藤千春の小説」のブログへ訪問いただきまして、有り難うございます。今後ともよろしくお願い致します。
2014/08/27(水) 16:52:25 | URL | 鬼藤千春の小説 #g.qUwJtQ[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック