アメリカ中西部での生活、仕事、英語、スポーツ、文化に関する草の根評論
高専程度の(サムイ)英語で英語社会に対応するには------3Pで(Plunge:飛び込む, Put aside:〔理論は〕横に置く, Practice:練習)対応せよ!
以前、高専卒業程度の英語力(世間ではサムイ英語力と言われているらしい)で、英語世界へ対応しているコツをエントリーしました。叉、高専生のホームステイ学生の、英語のへの優れた対応の仕方をエントリーしました。今ここで、これらを振り返りもう少しまとめて、3Pで要約してみました。

いずれも巷で言われている、①文化的側面、②英語技術的側面、③言語習得的側面、を述べたものですが、要約的に纏めてみました。

高専卒業程度(サムイ)英語力で英語社会に対応していくには3Pで!曰く、

Plunge:飛び込む,

Put aside:〔理論は〕横に置く,

Practice:練習







Plunge:飛び込む

これは、文化的側面から言われているものです。日本人は外国人の主義主張にビックリして尻込みする、これによりコミュニケーションの輪から外れてしまう、ということが言われています。

叉、KYという言葉が最近の日本にはあるそうですが、過剰に場の空気を読みすぎて言いたい事も言えずに(言わずに)、会話に遅れをとる、事も間々あります。

はたまた、“恥の文化”があり、間違いを極度に恐れるあまりに、会話が進まないと言う事もあります。

これらは、英語の実力のある人にも鬼門となり、会話のループに入っていけないことになっています。いわんやサムイ英語力の人達をや。

英語に対応できている人はサムイ英語でも、これに真っ向から挑み、こういう障害はものかは乗り越えていきます。このときにポイントになるのが、英語社会に、相手にとにかく飛び込む(Plunge)という考え方です。

尻込みしない、KY(空気を読まない)でいる、恥を恐れない、言わずもがなの事を言う、で英語世界に飛び込む気概が必要です。

Plungeは河に飛び込む様な、高いところから低いところへ飛びこんだりする時に使う様ですが、多少覚悟のいる状態を表している気分ですね。是非、この覚悟で飛び込んで貰いたいものです。


Put aside:〔理論は〕横に置く,

高専程度の(サムイ)英語力で、英語へ対応するにはひとまず文法や発音は横に置いて(Put aside)下さい、という事です。

これは、コミュニケーションの最中に、英語の文法はどうだったか?発音は正しいかな?と考えている間に、会話に乗り遅れるという事を避ける目的があります。会話に遅れる位なら罪は軽いですが、上記の“恥の文化“会話と相まって、会話に臆する事になるのが英語に対応できない最大の原因になります。

英語世界への対応力の高い人達は、大抵次の様な事から出発しています。即ち、

単語のみの羅列、
文型の省略、
文の倒置、
日本的な発音、

等です。

これは、なにも英語初心者だけの専売特許ではありません。ネイティブも会話の中で、強調したい時や変化をつけたい時に良く行います。

“(I have a) question.”
“(I am) disappointed.”
“You go over there?”
“Goccha!”

英文の倒置は文法の一項目としてありますが、これも良く見ると英語圏で出てきた法則外れの事象を体系学問化しただけのような感じですね。

Put asideという表現は、我々企業では品質問題が起こった時に問題当該製品を一時横に置く、という状態の時に使います。英語対応の障害になる厄介なものは、一時横に置きましょう。

Practice:練習

日本では英語を含め他国言語は、大体「勉強する」という表現をしますが、アメリカでは“Learn(学ぶ)”や“Practice(練習する)”という表現です。“Study(勉強する)”は、“研究室で研究する”というようなニュアンスになります。

日本の英語教育は、まずこの用語からして間違っていると個人的に思います。ある言語に対応するには、“練習”という概念を取り入れなければなりません。Practice(練習)です。いくら高専程度の(サムイ)英語でも、基礎はそこそこあるわけですから、後はPracticeあるのみです。

別エントリーの高専生も、英会話の練習を少し積んで来たので対応がいくらか楽になったのだと思います。当方も、英語対応の入り口は英会話教室での練習でした。

この練習も、他のP---Plunge, Put asideを組み合わせて、英語に飛び込む、理論は横に置いておく、が必須です。これが乗り越えられれば、英語の対応力は練習時間との正の関数です。

こちらでPracticeというのは、スポーツ等の練習で使います。失敗してもとにかく上達するまで繰り返す時に使います。とにかく英語もPracticeあるのみです。



高専程度のサムイ英語も、この3Pでスズヤカ(涼やか)な英語に変えて頂きたいと思います。サムイとスズヤカでは、温度領域は似ていますが、意味は大きく違いますね。





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック