アメリカ中西部での生活、仕事、英語、スポーツ、文化に関する草の根評論
当方の今年の仕事の抱負------“終身”雇用アメリカの労働事情
今年の抱負にも関係しますが、今年65歳になる当方のアメリカでの会社の仕事の見通しについて少し。

当方はこちらの会社に現地採用の形になっていますので、定年というものはありません。アメリカでは本人の意思(と能力)次第で、退職時期を自分で設定できます。よって当方は、日本では一般的な定年後勤務継続も終了する歳ですが、今年は勿論、もう4~5年、70歳位までは今の会社勤めたいと思っています。

日本の経営管理の三種の神器は、①終身雇用、②年功序列、③企業内組合といわれていますが、どうやら終身雇用の方はアメリカの方が確保されているね、というお話を。






日本の終身雇用という幻想

日本は終身雇用による従業員の忠誠心、技術技能の安定的蓄積継承が経営的な強みで、アメリカを初めとする世界各国の企業を凌駕してきたと言われてきました。

最近でこそ、景気減速でリストラ等で早期退職等“終身”を脅かす事象が現れてきましたが、それも例外として考えられてきました。

しかし、それもアメリカでリタイアメント世代といわれる年代になって、日米両国の終身雇用状況を見てみると、日本の終身雇用状況はなんだか夢まぼろしに見えてきます。

日本では多くの企業が60歳定年制を取っています。これからして既に“終身”雇用ではありません。最近の制度改訂で勤務継続制度をとるところが多くなってきましたが、これは多くの会社では、1年毎の契約による雇用継続です。大部分の職分を解かれ、新しく一般補助的作業に投入させられます。これには、従来の部下が上司になり指示系統の中で軋轢が生じたり、本人の仕事上のモチベーションが低下したりと、問題が多い様です。これにより、かなりの人々が制度年齢の65歳以前に会社を辞めるという事例も起きているようです。

この制度も65歳で終了です。運よく65歳まで勤めても、平均寿命が伸びてきた長い余生をどう過ごすのか?豊富な経験に裏打ちされた優位な能力を、もてあまして毎日が日曜日で鬱々とするのが、日本の同年代の人々の共通の悩みです。

(この前段として、管理職層には役職定年制なる終身雇用の対極にある制度もありますね)

日本は終身雇用と言えるのか。

アメリカの“終身”雇用

アメリカには定年制がありません。新卒者の定期採用という制度が無く、従業員の採用はそのポストが前任者退職した時か、新しくポストが設置された時に行われる位です。よって、日本の様に定期採用者が年功序列でポストが上がってきて、高齢者を押し出して行くという、定年制の必然性が無いわけです。

よって高齢者でも、そのポストが無くなるか年齢により業務遂行が難しくなり「その任に耐えられず」状態にならない限り、年齢に関係なくいつまでも勤められます。

アメリカで“終身”雇用が喧伝されないのは、①従業員が(年功序列が無い為)キャリアーアップの為に次の好条件の仕事を求めて転職する、②企業の戦略転換が激しく組織リストラクチャリングで従業員が退職する、事で雇用の流動性が高い理由によるものと思われます。

よって、キャリアーアップの必要がそうない、企業の戦略転換の激しくない――大部分の会社がそうですが------所に勤めている当方と同年代の人々にとっては、アメリカの企業は終身雇用みたいな所で、各人の生活設計に合わせて、退職時期を選定します。

当方の知っている限りでも、Mikeは66歳の正規の年金受給が始まる時に退職予定、Johnは生活設計上70歳迄勤めなければならないからその時まで勤務、Helenは年金繰上げ受給して62歳に退職、と各人各様です。

勿論、その退職まではその職務を遂行。日本の様な雇用継続の時の軋轢はなく、皆伸び伸びと職務を遂行しています。

いわゆる各人が定義している“終身”雇用です。

当方の”終身”雇用

アメリカ人は価値観が多様で、仕事のみの生活というのは取りません。退職を“ハッピーリタイアメント”と呼んで、来るべき(自分で設定した)退職後を楽しもうとする傾向があります。

当方は、日本の企業人としての生活が半分位有り、“仕事がないとすることが無い”価値感予備軍でもあります。それもあり、現在体もまずまず健康ですので、“終身”の70歳位までは現勤務を続けたいと思っています。



こちらにアメリカ生活の長い先輩日本人がいます。彼はこちらで市民権も持ち、会計士をしています。叉、日本にも未だにネットワークもあり、日米労働事情にも詳しい方です。その方も言われていましたが、「日本人同世代で定年退職で引退してしまうのは、経験ある人材の労費でしかない」と。卓見ですね。








スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック