アメリカ中西部での生活、仕事、英語、スポーツ、文化に関する草の根評論
2018年ルイビルマラソン、再びの‘完走歩’記----左膝の違和感で、途中から延々と歩きだが、なんとなくの達成感
ルイビルマラソンに参加しました。今年は練習も積んで、レース出足もまずまずでしたが、途中から左膝に違和感が出てきて走れなくなり、歩き走り。レース中盤以降は殆ど歩きとなり、記録も5時間28分もかかってしまいました。

延々と歩いた記憶のみが残ったレースでしたが、大変さはあまりなく、今年も目標を乗り越えられた(毎年のフルマラソン完遂が、心身の健康のバロメーターとなっています)という達成感で一杯です。






レース序盤

レース序盤は快調でした。いつもの練習ペースの6.6 miles/h (5.7分/km)でスタート。これをキープして、10km地点で58分。これでも息は上がらず、このままランナーズハイの状態になってくれるかと期待しました。

ところが、14km過ぎ辺りから左膝に違和感発生。それから、途中止まって屈伸をしたり、歩きを入れたりで走りました。

レース中盤以降

このコースは、中間点手前から起伏のある公園になっており、高低差約200mの急坂を駆け上ります。そこを走ったり歩いたりして何とか通過。そこの公園以降、殆ど歩きを余儀なくされました。

ここの辺り(20km過ぎ)から、棄権が何度も頭をよぎり、レース駐車場で待っている息子に車で来てもらうよう、電話をかけようかと思いました。しかし、もう少し、この公園を過ぎてから電話をしよう。(公園を過ぎたので)あの角を曲がったら電話をしよう、と何度も思いましたが、とどまり歩き続けました。

ここらから(25km)歩きでは膝の違和感は発生せず、競歩的に3.8miles/h(時速6km)くらいのスピードで歩けました。ここまでくると、残り距離と歩くスピードから、ゴール到達タイムが想定出来、5時間半位で何とかゴールできる事が分かり、俄然歩く意欲が湧いて来ました。

結果的に中盤以降は殆ど歩き、最終タイムは5時間28分。歩いた時間は合計4時間にのぼったでしょうか。レースの記憶は延々と歩いた事しか残っていません。普通であれば、失敗レースで悔いの残る結果ですが、不思議な事に、それでも今年もフルマラソンを完遂出来たという、満足感で一杯です。

これから年齢を重ねて、満足に走れないレースも出てくるかと思いますが、その時の対処の仕方を、今回のレースで摑めた気がします。


本日、会社であるアメリカ人とこのレース結果の話になり、遠慮気味に「うまく走れずに4時間も歩いたよ、残念」と言ったところ、「俺は4時間も歩けないよ」と返されました。確かにその彼は、少しお腹の出っ張った典型的なアメリカ人的体型でした(あっ、この表現は差別語?何かのハラスメントにあたる用語?)。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ルイビルマラソンご苦労様
 いっちゃん、お疲れ様でした。膝の違和感が心配ですね。練習では出ないんでしょう?日頃は気づかないストレスが本番で顕在化して膝にかかってくるのかなぁ。

 しかし4時間歩いても制限時間(6時間?)には余裕で間に合うのは歩きのスピードも脚が長いので速いのかな。

 私は2月の北九州マラソン、エイド以外は全く歩かなかったのに、4時間半超えでしたもの・・・。でもフルは何回走っても、計算(思惑)どおりいかないから、やめられないと思っています。先ずは身体のケアが第一ですね。

 ところで私の今年のフルはもう一回、山陰の松江で12/2に第一回の大会(国宝松江城マラソン)が開催されるので、これに出ようかなと思っています。米子出身の同期(某鉄道会社)でラン友から誘われたのと、カミさんと旅行がてら行って、地元の海の幸(松葉カニやのどくろなど)を味わいたいな、の目的二つです。

 もっとももし参加者が多くて抽選になれば、運は天まかせになりますけどね(東京Mは抽選倍率十数倍、第一回の福岡Mに出ましたが、これは5倍。第一回から毎年出ている北九州Mも2倍超だもの)。

 同窓会での別大国道(の側道)ラン、愉しみにしています。
2018/05/06(日) 19:45:25 | URL | 湯っ栗 #-[ 編集]
Re: ルイビルマラソンご苦労様
コメントありがとうございます。


>  しかし4時間歩いても制限時間(6時間?)には余裕で間に合うのは歩きのスピードも脚が長いので速いのかな。
> 走っても、計算(思惑)どおりいかないから、やめられないと思っています。先ずは身体のケアが第一ですね。

’へたれ’レースでしたが、やはりある程度練習を積んでいたのが良かったのでしょうね。この時のウォーキングも、’強歩’位な負荷で進みましたが、これが出来たのもも練習で’足が出来ていた’からでしょうね。

この歳になると、その時の調子でどうなるか分かりませんが、「次回もやるぜ!」という気分充満です。

今年の秋のいつものレースは、丁度帰日の時と重なりますので不参加ですが、’別大歩道ラン’に向けて練習を積みます。取り敢えず、今春の練習で積んだ、10km58分、若しくは、ハーフ2時間02分ペースでどうでしょう(時差ぼけ、帰日時宴会疲れが無ければですが)?
2018/05/07(月) 03:36:12 | URL | indianaky #-[ 編集]
別大国道歩道ランのペースについて
 私はレースペースでも10㌔1時間02分、ハーフ地点2時間10分ですよ(今年の北九州M)・・・とてもとても(笑)。
 
 まして練習ランは意識してゆっくり走ろうなんて思ってなくとも、㌔7〜8分です。ちなみに今月の実績は5/1 12.3㌔を1時間20分、5/4 15.6㌔を1時間52分、5/5 13.6㌔を1時間51分・・とこんなもんです。

 競う訳ではないから、ゆっくり別府湾や鶴見連山、高崎山に大分、別府市街地などを眺めながらジョグしましょう。今のところ二人ですが、同窓会参加の他の連中にも呼びかけてみます(知っているかぎりはラン趣味はいないと思うけど)。
2018/05/07(月) 10:04:43 | URL | 湯っ栗 #-[ 編集]
Re: 別大国道歩道ランのペースについて
そうですね。そう、しゃかりきに走る事は無いですね。秋口のレースの代わりですので、当方練習ではそれ位のぺーすで追い込んでおきたいと思います。本番は、別府湾を見ながらゆっくり、ですね。
2018/05/07(月) 22:44:21 | URL | indianaky #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック