アメリカ中西部での生活、仕事、英語、スポーツ、文化に関する草の根評論
アメリカ人の煮えたぎる“血“―――アメリカ人と日本人の体質の違いについての草の根観察
先日、本ブログのコメント欄で「アメリカ人が朝暗いうちから活動を開始する」件をやり取りしました。これはもうアメリカ人にとっては習慣というより体質としか言い様の無い特徴です。おそらく体の中に流れている血流というものが違うのだと思います。それを説明できる現象がいくつかあります。

朝型人間である

我々日本人の多くは、朝はまだ“死んでいる”人が多いですよね。朝9時か10時くらいまでは血の巡りが悪く、身体を動かす事、頭を働かす事等億劫です。多くの日本の会社は朝8時から、都会部のオフィスでは9時位からの仕事開始です。

それでもしばらくはエンジンがかかりません。これは日本の会社は相対的に夕方遅くまで仕事をしていることに由来していますが、体質的になかなかエンジンのかかりが遅いのだと思います。

ところが、アメリカ人は朝起きてからすぐ“トップギアー”で血が巡っているのか、朝は余り苦にしないようです。ここら中西部の多くの会社は7時始業。数年前、現場の一番方で従業員投票を行ったら6時半始業、6時始業と段々得票が多くなりさすがにManagement権限で投票差し止めとした事が有ります。

アメリカでも忙しい時は時間外勤務(残業)を計画します。これをアメリカ人管理者が計画すると大体朝に持ってきます。即ち、2時間の時間外であれば朝5時から、3時間の時間外であれば朝4時から作業開始です。さすがにごく一部の若い人からは苦情が出ますが大部分は嬉々として出勤してきます。夕方遅くなるよりよっぽど良いのでしょう。

又、事務所でも打ち合わせの時間が定時内では足りなくなる事が有ります。よって時間外での打ち合わせ。なんとアメリカでは朝の6時半から会議が計画された事もあります。議題は「製品在庫の食い違いのシステム検証と対策立案」でした。こんなものは日本人にとっては朝6時半の議題ではないですよね。多くの日本人赴任者はこれには閉口していました。

会議で眠らない

これも血流の良さのなせる業か、アメリカ人で、会議で眠っている人は殆んど遭遇した事が有りません。我々日本人は良く会議で寝ていますよね(おいおい)。眠たくなるとコーヒーを飲もうが手をつねろうが頭の血は動いてくれません。ところがアメリカ人はいつも血が動いているのか、眠たくないようです。

もっともアメリカの会議は何かを発言するためにあるようで、発言の機会があったり、人に面した時には本能的にしゃべるモードに切り替わる遺伝子があるので寝ている暇が無いのかもしれません。日本の会議はコンセンサスを得るための会議が主体で、特段発言せずとも議事は淡々と進んでいきます。よって脳の血流は良くなろう筈が有りませんね。

アメリカ人は暑がりである

これは体型からも来ているのかも知れませんが血流にも関係が有りますが、アメリカ人は暑がりです。会社の服装もアメリカ人は真冬でも半袖の人が大多数です。これは建物内の暖房が完備している事も有りますが、半袖でも赤い顔をしています。基本的に暑がりに違い有りません。それが証拠に同じオフィス内で日本人は長袖重ね着です。

先日少し暖かくなったらもう当方の会社では冷房に切り替えていました。我々日本人は少し薄着が出来るかと思ったのもつかの間、又長袖を着込んでの出勤です。夏は当然ガンガンの冷房。日本人はウインドブレーカー持参です。

これは米系の航空会社の飛行機に乗った人は経験があると思いますが、機内の温度は日本人からすると寒いくらいの設定ですよね。アメリカ人はこれを半袖半ズボンで過ごす人もいます。我々日本人は大抵ジャンバー持参の毛布包まりモードですよね。

来週は当方も日本へ出張。航空会社はNorthwest。日米とも暖かくなったというのに機内用にジャンパー持参です(とほほ)。

(尚、本論はあくまで平均のグループの層の人々の特徴を述べています。)
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック