fc2ブログ
アメリカ中西部での生活、仕事、英語、スポーツ、文化に関する草の根評論
お酒のマーフィーの法則-----「適度の酒は百薬の長」の信奉者の酒量は、適度を大幅に超えている。
こちらアメリカの年末は、長い休みが続きました。日本よりもクリスマスを重視するお国柄。クリスマス時期を挟んで、年末、1月1日まで10日間以上の休みが続きました。リタイア後の生活の予行演習みたいなものです。

リタイア後の心配は、休みが続くとお酒を際限なく飲んでしまうのでは...という事。今回の休みもそれが心配でしたが、結構飲めないもので、確実、じゃなかった、隔日ペースの飲酒となりました。

歳をとり酒量も落ちてきたようで、めでたしめでたし。ワタクシも「適度の酒は百薬の長」実践とあいなりましたか。しかしここで浮かんでくるのが、お酒のマーフィーの法則(別名お酒のあるある事例)。

「適度の酒は百薬の長」の信奉者の酒量は、適度を大幅に超えている。







「適度の酒は百薬の長」の信奉者の酒量は、適度を大幅に超えている。

最近あるネットコラムで不吉な記事を目にしました。お酒というのは、今までは適量であれば健康に良いという学説もありましたが、これが否定されて来ています。少しでも飲めば、お酒は身体によくないと。今までこれを信じて節酒してきたのに!

しかし、その節酒も怪しいものでして...自分にとっては節酒かもしれないですが、世間様から見れば...大多数の「適度の酒は百薬の長」信奉者の酒量というのは大抵適度を大幅に超えていますよね。


歳を取って適度の酒量になったと思ったら、身体のアルコール分解力が下がってきて、やはり飲み過ぎになっている。

うーむ。これも言えるなぁ。年を取って飲めなくなったのは良いことなんですが、飲んだ次の日はやはり体が重いぞ。


節酒中に飲酒をする理由は、節酒を継続する理由の十倍ある。

お酒を控えるのは、良いことだらけ。体も頭も重くならないし、夜本も読めるし....節酒する理由はいくらでもあげられます。しかし、お酒を飲むと、ストレス解消になるし、前向きの気持ちになれるし、友人と良い絆は築けるし、会社でのアフターファイブのコミュニケーション取りやすくなるし....いかんいかん、もっと浮かんでくるなぁ。


飲酒をした翌日の後悔は、休肝日をした翌日の後悔の十倍ある。

酒飲みには、飲まなかった日の後の後悔というものは、それはそれで結構あるもので、その楽しみの逸失機会が悔やまれます。しかし、飲んだ後の後悔は...


「休肝日」っという名前を、「救命日」と名前を変えてもそれが増えるわけでもない。

お酒が良くないというのなら、これからは固い決意で休肝日を作ろう。名前も変えて救命日にしたらどうだ!これなら、飲まない日が格段に増える...訳ないか。


ストレス解消に酒を飲んだ次の日は、ストレスだらけとなる。

お酒はストレス解消になるんですが、しかし飲んだ次の日にストレスだらけになるのはどう云う訳だ?


酒の効用の部分を見つける事は慧眼であるが、酒の害を見つけるのは凡庸である。

「あなたは、お酒の良い事ばかり言ってるけど、悪い事も考えたら」とよく言われているワタクシ。


「酒は人生の潤滑油」であるからして、いつも‘すべって’しまう。

しまったなあ。昨夜は飲んで少し言い過ぎたかなあ。あんな事しなきゃ良かったなあ。



なかなか、世の中むつかしいもので、最後に、

酒飲みの決意は、羽毛の如く軽い。












スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
 世の中はマーフィーの法則に満ち溢れていますが、酒に関する事例がこんなに多く示唆に富んでいるとは驚きでした。ワタクシは基本的に休肝日は設けないと言う揺るぎない信念(笑)を持ち、今まで生きてきましたが、これらのフレーズは悔しいけど納得する部分が多い!と恐れ入ってます。

 しかしそうは言っても言い逃れできる理由が他にないか、真剣に考えている自分がいますね(笑)。

 先ずはせいぜい節酒に努めようと自分自身に言い聞かせつつ、何回もカミさんに宣言もしていますが、またオオカミ少年の言動だと、信用されているとは言い難く・・・です。

 一方で感心したのは何やかや言っても一ちゃんのそれは隔日ペースだもの。自分自身を律するストイックさはマネのできることではありませぬ。これって我が基準では「百薬の長」ペースそのものじゃないかと思い至ってます(笑)。

 でちょっと事例は違うけどマーフィーの法則群の中で感慨深いものは
「人生で楽しいことは違法なものか、反道徳的なもの、或いは太りやすくなること」の句。

 歳を重ねてきて、最近は違法や反道徳的な快楽は遠のいてきたが、この点はもはや諦念がちらついて億劫さを伴うのが本音。
 一方で太りやすいのは冬場のラントレーニングを思い浮かべればさもありなんか。寒いばかりでちっとも楽しくないし、ただただ来月16日の北九州マラソンを時間内に完走せんがため。楽して完走できる手立てはないものか?悩み多き日が続いてます(笑)。
2020/02/01(土) 01:06:28 | URL | 湯っ栗 #-[ 編集]
Re: タイトルなし
なかなか悩ましい問題ですよね。『明日の時間は、今日の時間より格段に短い(老人のマーフィーの法則)』ワタクシ達としては、何とかしなくちゃね。
2020/02/01(土) 01:56:42 | URL | indianaky #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック