アメリカ中西部での生活、仕事、英語、スポーツ、文化に関する草の根評論
いちろう日本を往く――――草の根評論家が見た久し振りの日本
先週一週間仕事の関係で日本(静岡県)に行ってきました。日本は約一年ぶり。今回は短いとはいえ一ヶ所に腰を落ち着けて生活をしたので、日本の状況が良く摑めました。日本の人々にとっては普通の事もアメリカ生活が長くなると「あれれ」と思うような事がありました。その草の根報告です。
IMG_1630_1_1.jpg
(天下一の富士山)

IMG_1573_1_1.jpg
(富士山の湧水:湧玉池)
Hotelの暖房が効きすぎるぞ!

先週の日本(静岡県地方)はやや冷え込み、気温は20度C弱。週末は14~15度Cでした。しかしHotelの中は異様な暖かさ。室温は25~26度Cになっていたと思います。ここのHotelは部屋毎の温度調整が効かず、温調機のFanを回すと生暖かい温風が出てきました。

すっかりアメリカナイズされた、いちろう。異様に暑く感じました。アメリカの暖房温度は、日本人ばかりの我が家ではやや平均より高く21度C位。血沸き肉たぎるアメリカ人の居るいちろうの会社では19度C位です。

後で聞くと、この週は外気温が下がったためフロントの人に合わせて温度設定をしたとか(おいおい)。このHotelだけの特徴かと思いましたが、最終日東京に移動しての宿泊したHotelも高い温度設定でした。平均的に日本人はアメリカ人より寒がりですが、長いアメリカ生活の当方もすこし身体が変化したのかもしれません。

そういえば飛行機の室温も、行き(アメリカから日本)はアメリカ人スタッフが温度設定したのかかなり寒く、帰り(日本からアメリカ)は日本人スタッフの作業領分なのか、暖かかったようです。

こんなことでは日本が推奨する京都議定書に反しますぞ、日本の皆さん。冷房に関しては絶対にアメリカは議定書違反ですが....尤も、石炭燃料も豊富なアメリカは議定書に批准していませんよね(批准の前段階の調印すらしていないと記憶していますが)。

数年ぶりに傘をさしたいちろう

この時期日本でも季節の変わり目で雨の多い時期。今回も通勤、食事と、友人と一緒に行動しましたが、当方だけ雨の中をすたすた出ようとしました。慌てて傘を渡してくれた友人。

何せアメリカでは殆んど傘はさしません。アメリカも会社、モールの駐車場から建物まで結構距離がありますが、雨の日でも余り傘をさしている人は見た事は有りません。いつも濡れながら歩いていきます。

これはアメリカは、①雨の降る時間が絶対的に短く、日がな一日雨が降ることは無い、②関連して雨の後、からっと乾燥するので濡れてもすぐ乾く、③アメリカ田舎人は、服装、髪型に無頓着な人が多いので濡れても気にしない、等々の要因があるのだと思います。

そういえば我が家にも10数年前日本から持ってきた傘がどこかにあったような無いような。会社の玄関にも傘立てがあったかいな?そんな浦島太郎でした。

今年の富士山は例年に無く雪が多いとの事。しかしそのふもとの浅間大社の湧玉池の湧水(有名な富士山からの地下浸透水が湧き出る池)はやや少な目との事です。これは数十年のタイムラグがあるとの事で(数十年かけて水が浸透して出てくる)今年の降雪量とは関係ないのかもしれませんね。
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
え?私にだまって?!
え?!ここ1週間ほど新しい記事のアップがないと思っていたら、静岡に来ていたんですか! 私にだまって?!(←何の関係がある。。) 到着駅と時間を知らせてくだされば、駅の柱のかげからいちろうさんを覗き見できたのになあ。(自分の顔をさらす勇気はさらさらない。) なんか静岡は暑くなったり寒くなったりしております。
2006/04/20(木) 19:47:51 | URL | Miyuki S/Ohio1982oh #-[ 編集]
雨の多い一週間でした。写真の富士山も最終日、東京に移動する日にやっと拝めました。

新東名高速の工事も2~3年前見た時と余り進捗が無かったですね。少し開発のスピードが落ちてきたのですかね?

そういえば、若者の茶髪もそうひどく無かったですね。すこしこの方面もブレーキが効いて来たのでしょうか?
2006/04/21(金) 13:55:42 | URL | いちろう #-[ 編集]
そうそう、茶髪は明らかに落ち着いてきましたね。私くらいの年の女性もあんまり明るい色に染める人は少なくなってきました。
第二東名の工事は私の所では着実に進んでいますよ。山と山に挟まれた地区なのですが、もうすぐその間の第二東名が東と西でくっつきそうです。
2006/04/21(金) 21:46:49 | URL | Miyuki S/Ohio1982oh #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック