fc2ブログ
アメリカ中西部での生活、仕事、英語、スポーツ、文化に関する草の根評論
もう少し頑張らなきゃね、Google翻訳(Translate)----コンピューター翻訳アプリの実力診断
コンピューターもどんどん進化して、人間の能力を凌駕してくるようになりました。言語の世界でも、翻訳機能が発達してきて他言語学習が不要になるの時代が到達した!....残念ながらもう少しの様です。

最近当社のアメリカ赴任予定の人が、事前諸業務について日本からメールを送ってきています。英語がまだまだの赴任予定者。メールを日本語で送るのと同時に、アメリカ人にもCC(同報メール)を入れますが、その時にGoogle翻訳を使って英文化したものを同送しています。

概ね、正しく英文化翻訳されていますが、今一歩のところです。その内容を見てみましょう。






否定疑問文の答え

(例:日本文)----------それ、やらないの? はい、やりません。
✕(例:Google翻訳)----Don't you do that? Yes, I won't do it
〇(正解)-------------Don't you do that? No, I won't do it.

これは、日本語と英語の基本の文法表現が違うので、Googleもさすがに追いつかないのか、「もう少し頑張らなきゃ」になりました。アメリカ滞在者を見ても、英語を学習してかなりの英語レベルの人でも間違う事例です。しかもたちが悪いのが、Yes, No,が真逆なのでたまにトラブルになる事です。

英語の場合には、答えは否定の時にはNo,となります。

こちらでも、アメリカ生活初心者には、この否定疑問文の答えには気を付けてね、と念押しをしている案件です。さしものGoogle翻訳様におかれても、もう少しの頑張りが必要ですね。

GoとComeの使い分け

(例:日本文)----------4月中旬にそちらに行きます。
✕(例:Google翻訳)----I will go there in mid-April.
〇(正解)------------- I will come there in mid-April.

これも、上記同様かなりの英語の使い手でも間違う所ですね。相手に近づく場合には英語ではComeになりますが、日本語的発想だとGoとしてしまいますね。

その他諸々

(例:日本文)----------前回、メール送付先が洩れていました。
✕(例:Google翻訳)----Last time, the email address was leaked.
〇(正解)-------------Last time, the email address was skipped.

諸々細かい且つ面白い誤訳はまだ他にありますが、これらはまずまず意味が通じるかわいい誤訳と言えるでしょう。上記の例もそんな中で見つけました。文学的、比喩的に表現すれば、上記のLeaked(漏れる)を使う英語圏の人もいるかもしれませんが、通常は他の表現ですね(何種類か表現はありますね)。



Google翻訳、もう少しだ、頑張れ!






スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック