アメリカ中西部での生活、仕事、英語、スポーツ、文化に関する草の根評論
いちろう日本を往く――――草の根評論家が見た久し振りの日本:乗用車の色合いの日米比較
今回の日本滞在中にHotelの前等で、ぼんやりと車の流れを見ていました。最近の日本の車の進化は驚くものがありアメリカの車観と一線を引くものがあります。その色合いについても日米でかなり様相が違うのを再認識しました。
IMG_1661_1_1.jpg
(アメリカの黒い車の数々。”その筋”の車ではありません)


日本では黒色の車は“その筋”の人の車?

その昔英会話のアメリカ人先生が言っていましたが、日本は白い車が多いとか。これは卓見だと思いました。その後当方もアメリカに来て観察するに、確かにアメリカは白い車が少ないです。

今回日本で見た印象では、日本の車は白い車の他に、すこし青やシルバー系の色が多くなっていたようですがいずれにしても淡い色合いの車が多かったようです。

翻ってアメリカの車をみると赤や青の原色系の色の車が圧倒的に多いようです。確かに白い車や淡い色の車はありますがこれらは少数派。圧倒的に赤や青の原色系の車が圧倒しています。

かくいう当方もアメリカに来てからの代々の車は色でいうと、エンジ、赤、ゴールド、黒、と原色系の車を乗り継ぎました。当方はあまり車選びはせずとりあえずディーラーに行って在庫のある車を買ったり、中古車を友人から譲り受けたりですから、アメリカの一般的な車の色を表していると思います。

一般的にアメリカ人は原色の製品を好みます。前述の車にしろ、T-shirt等の衣類にしろ、原色の製品が多いです。かなり年のいったおじいさんおばあさんでも、赤いシャツ青いシャツ等を着て積極的に活動しています。

家でも外壁、デッキ等は各色のペンキを塗ってカラフルにしています。車も勿論黄色から赤、青、黒、等原色の車が日本よりはるかに多いです。

又、原色の定義に入りますがアメリカでは黒い車が結構走っています。これはなにも“その筋”の人達の車ではなくごく一般の乗用車でもです。かく言う当方の今の車も黒のHondaのCRV。

写真は先日あるスポーツ行事に参加した時の駐車場の様子です。当方の車以外にもSUV,セダンと黒い車が駐車されていました。

日本で黒い車というと“その筋”の方々の乗り物か、大企業、お役所の高級幹部の乗り物と相場が決まっています。まず個人ユースで黒い車を持っている人はいないだろうと思います。

今回滞在中に黒い車を見ました。滞在していたHotelで友人の車を待っていた時に、大きな黒い車が停車。“若い衆”みたいなお兄さんたちがせっせと車を磨き上げていました。“その筋”のご主人様を迎える準備でしょうか?


日本では雨が多く全ての物質が劣化してしまうため原色を残さない、その過程のもののさびれが美意識として確立されたため、一般的に淡いモノトーンに近い色合いのものが好まれています。

寺院等でも中華、アジア系のお寺は原色の赤や橙色の塗装が施されていますが、日本のお寺は木目調の苔むした色合いになっています。仏教伝来の頃には原色の色合いの寺院が導入されたのでしょうが、日本の風雪に洗われて現在のような白黒トーンのお寺になり、それが好まれ広まっていったのだと思います。

アメリカの車市場は日本車の追い上げが急ピッチです。いまや日本車はアメリカ車にとってもベンチマーク的な存在です。しかしこの色合いは、アメリカ独自の文化があるようで、天下の日本メーカーも原色系の色の車の品揃えは怠れないのでしょう。

スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック