アメリカ中西部での生活、仕事、英語、スポーツ、文化に関する草の根評論
「あわわ」の英語表現―――草の根評論家の遭遇したアブナイ英語表現
英語の世界にどっぷり浸かったものぐさな草の根評論家。時々辞書抜きで事を済まそうとする事があります。辞書に頼らず理解するという事は言葉を学ぶのに時として必要な事です。しかし時々はチェックが必要だよと言う事例を少々。

PIMP(ポン引き)―――“クロスファンクショナルチームでポン引き活動を!????”

アメリカの工場に赴任して間もない希望に燃えていた頃の話です。工場の生産性改善を図ろうという事で、プロジェクトを立ち上げました。各製造現場のマネージャーに参加してもらい、今で言うクロスファンクションチームを作り活動を開始しました。

当時日本人のスタッフも赴任後少し経っており何とかチームを主導していけるようになっていました。そこで日本人スタッフでプロジェクト名を考えようと言うことになりました。

「生産性を向上且つ維持していくプロジェクトだ、“Productivity Improvement & Maintaining Project”だな。これの頭文字をとって(Acronym)”PIMP“にししよう。これは名案だ!クロスファンクショナルチームでPIMP活動をやろう!」と日本人幹部で決めました。

翌日米人のマネージャーを含むミーティングが開かれ日本人スタッフから披露されました。その途端米人より言い難そうに反対の申し入れがありました。訳を聴いたら上記のような意味があるとの事。

すごすごと日本人幹部スタッフからの提案は取り下げとしました。当時でも勿論禁止用語のいくつかは承知していました。即ち、F○ck、B○ll sh○t、(それぞれ、U,U,iが入る)等です。

会社生活でこれらを乱発すると総務が(Human resource)慌てて飛んできて実情調査されます。場合によっては“レッドカード一発退場”もありえます。

しかし上記PIMPは今まで聞いたことも無く危ない響きでもなかったので、辞書で調べるのを省略しそのまま使用しました。これは完全禁止用語に入っているかどうかは未だに分かりませんが、従業員の面前で公式に使う言葉ではないのは確かですよね。

Pee(“ピー”おしっこ)

「それでは名前を付け直そう」という事で懲りない面々。再度挑戦しました。「“M”が入るとアブナイ表現になる。よし単純に”Productivity Improvement Project”でPIP(ピーアイピー)にしよう」という事になりました。

しかしこれも米人には不評。米人は殆んどの人が”Productivity Improvement Project”と言い「ピーアイピー」とは言いませんでした。これは米人は発音の口が回るのと、表記のように「ピー」と言う音の響きで抵抗があったものと思われます。

表記の「ピー」は禁止用語ではありませんが、小さい子供が「おしっこ」という時に言ったり、大人でもごく親しい同士のときに「ちょっと便所へ」と言うときに使われます。

小さい子供でも厳格なお母さんはその言葉使いをたしなめているのも見ましたので、あまり品の良い言い方ではないのは確かです。

英語会話の中ではアブナイ表現にならないように、 “P”音は、余り引っ張らずに使う事をお勧めします。
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
はろ~、ご無沙汰してしまいました。
ブログにも書いたのですが、ある消費者金融会社がお店の名前を「ディック」に変えたんですよ。その、広告には看板の絵がたくさん描いてあって、そのすべてに「ディック」と書いてあるご丁寧さです。これを英語でスペルアウトすることがないようにとかげながら心配していたら、最近の広告には「ディック is different.」というコピーがのっています。「ディック」のところがカタカナのままだったので、やっと気がついたかな?と思いました。
英語の名前をつけるときは、必ずネイティブ何人かに聞かなければいけませんね。
2006/07/22(土) 02:21:58 | URL | Miyuki S/Ohio1982oh #-[ 編集]
そういえば
そういえばこちらでDickという人の名前はあまり聞きませんね。辞書を調べるとRichardの愛称とあります。しかしこれはRich,Rick、Chadまでは聞きますが、Dickは聞きません。

それとこちらにはスポーツ用品店でDick’sと言うのはあります。これはMcDonald’sと同じで店の名前には”XXX’s”をつけるのが一般的なようですね。これで紛らわしさを解消しているのではないでしょうか?
2006/07/22(土) 15:39:02 | URL | いちろう #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック