アメリカ中西部での生活、仕事、英語、スポーツ、文化に関する草の根評論
“Let me get tools for disassembling the machine.”---草の根評論家の遭遇した「使役助動詞」
先週の事です。いちろうは工場でDavidと機械のチェック。工具が必要になりました。そこでいちろうの口から出てきたのが、“Let me get tools for disassembling the machine.” 「うーん。この用法は適当だっただろうか?」という事で、久し振りに文法のチェックとその文法の実際をまとめてみました。


使役助動詞

手元の本を見ると “Make”, “Get”, “Have”, ”Let”を「させる」と言う意味の使役助動詞と言うようです。同じ「させる」でも少しずつ意味が違います。「させる」強制度の強いものから並べると、

“Make”―――無理やりにでもしてもらう場合

“Get ~ to”―――説得などのとにかく努力して何とかしてもらう場合

“Have”―――仕事の関係などで当然してもらえる場合

“Let”―――希望通りにさせてあげる場合

とあります。

一番頻度の多い”Let”について

実際の会話の中では”Let”が一番表れる頻度が多いのではないかと思います。

上記のいちろうと”David”の時のように。「(あなたも大変だから、私が工具を取ってくるよ=希望により)私に工具を取りに行かせて下さい」という事で、

“Let me get tools for disassembling the machine.”

となります。人間関係を多少考慮した柔らかい表現になるのでしょうか。


仕事で電話をかけて相手に製品納期等を聞いたとします。その時に即答できない場合あとで調べて知らせてくれます。このときは「(あなたが希望している)納期は後で返事をします」の意味合いで良く、

“I will let you know the due date later.”

と言います。この「返事をします」「知らせます」は”I will inform it to you.”でもよいかもしれませんが、”I will let you know it.”の方が「ご希望にお答えして」と言う雰囲気が出てきます。この時の発音は「アイ ウィル レッチュウ ノウ」と思い切りリエゾン(音韻を繋ぐ)して下さい。

「私に知らせてください」と言うときに、

“Let me know it.”

をよく使います。これも”Please inform me.”よりも、「(知りたいな)私に知らせてください」の意味合いが出ているようです。

二番目に多い”Make”

アメリカの企業社会は基本的にトップダウンです。上位職と下位職の責任分担がはっきりしていて、上位職からの指示は絶対です。よって「させる」の表現は”Make”が多くなります。”Let”に次いで二番目でしょうか。

どうしてもこのプロジェクトをある時期までに完遂させたい場合、社長より檄が飛びます。

“Please make people complete the project by the dead line.”

仕事の繁忙期には残業もやらねばなりません。

“Please make them do overtime working.”

“Get ~ to”, “Have”

“Get ~ to”の「説得などのとにかく努力して何とかしてもらう場合」、“Have”の「仕事の関係などで当然してもらえる場合」は、表れる頻度でいうと低くなります。企業という“戦場”ではすこし表現が“まどろっこしい”のかもしれませんね。



Beatlesの”Strawberry Fields Forever”という歌に“Let me take you down ‘cause I’m going to Strawberry Field”というくだりがあります。これは「(君をStrawberry Fieldに連れて行きたいな)連れて行かせてよ」という気持がこもった名曲なのでしょうね。


スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
すみません.Yahooブログの調子がおかしいので何度もボタンを押していたら,トラックバックがたくさん...
2007/02/06(火) 00:41:51 | URL | はにゃおか #-[ 編集]
はにゃおかさん
大変申し訳ありません。送っていただいたTB整理編集していた所全部消えてしまいました。
当方も以前経験がありますが、本ブログ(FC2)とYahooブログはどういうわけか、TB不可のようです。
2007/02/06(火) 13:56:50 | URL | いちろう #AtOU8eDY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック