アメリカ中西部での生活、仕事、英語、スポーツ、文化に関する草の根評論
いちろう 酢の物を作り続ける-------リタイア後に備えての料理
「リタイア後の料理は輪番制ね!」と、、女房に軽く宣言されてハタと困った当方。来るべきリタイアに備えて徐々に料理を覚えねばなりません。

加えて台所を見ると、女房の家庭菜園のきゅうりが山ほどあります。そうだ、これを使って酢の物を作ってみようと始めたのが、きゅうりの酢の物。これが発展して、ごぼうの酢の物、(時節になり)なすびの酢の物、と作り続けています。

020_20150816232313518.jpg
(本日作ったきゅうりの酢の物と、昨日作ったなすびの酢の物)
[いちろう 酢の物を作り続ける-------リタイア後に備えての料理]の続きを読む
ハッピーなHappy retirementと夢で無い夢の年金生活-----用語検索数から見るHappy retirementの彼我比較
我々の世代になると関心が高いのが、退職後の生活。ネットのニュースも、そういう関連に目が行きます。

特に日本では、年金制度の窮乏から年金支給の繰り下げが進められており、定年延長制度と相まって、その世代の厳しい生活が話題になっています。一昔前までは、夢の年金生活、と言われていたようですが、現在ではその面影もありません。アメリカで言う、Happy retirementはなかなか夢の中です。

アメリカのリタイア後の生活もなかなか厳しくなっています。年金制度は日米ほぼ同じ内容に感じますが、それでもまだHappy retirementという言葉は良く使われます。アメリカの企業は、一律の定年退職制度というものが存在しないのが大きな原因でしょうか。本人の生活設計に合わせて、何歳までも働けるという制度(能力を吟味される制度ではありますが)があるからでしょうか。

日本では死語になりそうな夢の年金生活、アメリカではまだまだ良く使われるHappy retirement。その差を、インターネットの検索数からみてみましょう。

[ハッピーなHappy retirementと夢で無い夢の年金生活-----用語検索数から見るHappy retirementの彼我比較]の続きを読む
60歳前半オヤジの減塩食生活-------血圧対策経験談
元々血圧が高めででしたが各種対策を取り、なんとか薬をやめてもボーダーライン近くに治まっていた、というお話は以前しました。

これで油断したのか少し食生活が以前に戻り、一ヶ月程前のある夕方たまたま血圧測定してみたところ、かなり高くなっている事が判明(夕方帰宅後:150、90)。

慌てて塩分制限を開始。一ヶ月経った現在はなんとか安定域になりました(夕方帰宅後:128、80)。本日は、中高年の血圧対策はとにかく塩分制限がポイント、という経験談を。

051_20150525005212d72.jpg
(血圧対策改善後の昼食弁当です)
[60歳前半オヤジの減塩食生活-------血圧対策経験談]の続きを読む
今年のルイビルマラソン-------残念且つ納得の欠場
今回のルイビルマラソンは、冷雨のため残念ながら欠場しました。まあ、何とかゴールに辿り着く様なレース運び、5時間近く走り歩きを予想していた当方にとっては、これも良かったかも。今年中になんとかフルマラソンを走りたいので、代わりのレースを探しています。
[今年のルイビルマラソン-------残念且つ納得の欠場]の続きを読む
ルイビルマラソン、レース前状況報告------平日の走りこみ不足を土日の長距離走でカバー
さて、毎年のマラソンレースを4月下旬の、ルイビルダービーマラソン一本に絞っている当方にとって、年に一度のレースまであと2週間となりました。

今シーズンのレース前準備状況は、平日の走りこみ不足を土日の長距離走でカバーしており、疲れが少し出てきている、という状況です。

今年はどんなレースになりますやら。準備状況の前年度比較をしながら、今年のレースの展望をしてみたいと思います。

[ルイビルマラソン、レース前状況報告------平日の走りこみ不足を土日の長距離走でカバー]の続きを読む
当方の、I won’t back downと Stay with me事情------類似の曲でアツイ論争のアメリカ
先日の帰宅途上、ラジオから流れるあるメロディーで、非常に懐かしいどこかで聞いた覚えのあるものがありました。思い出すように、いろいろ口ずさんだりしましたが、その日思い出せずに過ぎました。

2~3日して再度同じ曲がかかって、懐かしい思いを手繰っていったら、この曲だという事に至りました。


[当方の、I won’t back downと Stay with me事情------類似の曲でアツイ論争のアメリカ]の続きを読む
アメリカ生活者の“一年の計”-------昨年の反省と今年の計
正月というものにあまり重きをおかないアメリカ社会では、人々の口から“一年の計”という言葉はあまり出てきません。

しかし、日本の文化をいくらか継承している当方にとっては、一年の計を立ててみるのも一計。これは数年来行っています。今日は、昨年の一年の計の反省と、今年の一年の計を挙げてみます。


[アメリカ生活者の“一年の計”-------昨年の反省と今年の計]の続きを読む
アメリカの古いものに対する国民性-----商業施設や行政組織でも
前回のアンティークショップ訪問記で、「アメリカで古いものが比較的残っているのは、その国民性もあるのでしょうか」と述べました。国の成り立ちとしては日本に較べれば若い国アメリカですが、近代、現在のレンジで見ると、やはりその国民性かアメリカのあちこちに、この古いものに対する関心という国民性がうかがえます。
[アメリカの古いものに対する国民性-----商業施設や行政組織でも]の続きを読む
アンティークショップ訪問記-----昔にタイムスリップ!!
レトロ、アンティーク、クラシックという言葉を聞くと、血が騒ぎ出すのは当方だけではないようです。こちらアメリカにはその同好の士が沢山いて、各地に店があります。

先日、その中でもメガ級の大きさを誇る、アンティークショップモールに行ってきました。ここで見てきた物は、生活文化面で、戦後アメリカのすぐあとを追いかけてきた我々日本人にもなじみの品々です。

当該店は写真撮影OKでしたので、日本の同好の士に報告いたします。


236.jpg
(こんな油差しが無くなってどれ位なるでしょうか?)
[アンティークショップ訪問記-----昔にタイムスリップ!!]の続きを読む
“「最もまずいハンバーガー」の烙印を押されたマック”-------サンプル数 N=1の観測結果
日本では、外食産業の雄マクドナルドが、中国の食肉偽装で揺れています。食料自給体制の整ったアメリカのマックでは、この影響は無いようです.

マックでは、この事件の前のニュースの方が影響は深刻なようです。表題の「まずいハンバーガー」の烙印です。「深刻なようです」と、何か冷めた感じで書いているのは、こちらで生活している当方にとっても同意できる内容だからです。
[“「最もまずいハンバーガー」の烙印を押されたマック”-------サンプル数 N=1の観測結果]の続きを読む
アメリカのDIY-------シャワーバルブ水漏れ修理と、ピクニックテーブルの上部板交換
人口密度が低く、きめ細かなサービスが発達していない“疎の社会”アメリカでは、自分の事は自分でしなければならない案件が必然と多くなってきます。人はこれをDIY(Do It Yourself)が発達した社会と呼びます。

日常、芝刈り機のオイル交換や電気関係の簡単な修理等、いろいろなDIYを行う当方ですが、今週末はシャワーのバルブ水漏れ修理と、デッキのピクニックテーブル(日本のピクニックとは完全に意味合いが違います)の上板交換を行いました。

photo1_20140608230919d18.jpg
(シャワーバルブ水漏れ修理)

photo13_2014060823120253b.jpg
(ピクニックテーブルの上板交換。白い部分が交換部)

[アメリカのDIY-------シャワーバルブ水漏れ修理と、ピクニックテーブルの上部板交換]の続きを読む
還暦過ぎランナーの健康談義--------続 健康談義
健康談義の続きに、もう少し付き合ってください。
[還暦過ぎランナーの健康談義--------続 健康談義]の続きを読む

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記